コンテンツ

マニアックな男性におススメ、SMクラブって?

SMクラブとは、SMプレイを提供する風俗のジャンルで、ファッションヘルスなどの他の風俗店から比べると、料金も高めに設定されています。男性にもそれぞれ女性の好みがあるように、興奮するプレイスタイルなども変わってきますよね。女王様に責められて興奮する男性もいれば、逆に女性を責めることによって、興奮する男性もいます。そんな、普通とはちょっと変わった趣向の男性のためにあるのが、SMクラブです。通常、男性がS側でM嬢を調教することをSプレイ、男性がM側でS嬢・つまり女王様に調教してもらうことをMプレイと呼び、Sプレイでは、キャストのM嬢の負担が大きいことから、Mプレイよりも値段設定が高くなっています。サービス内容としては、Mプレイだと女王様からの言葉責めや鞭打ち、亀甲縛り、ローソク責め、アナル責めや浣腸プレイといった、ハードな内容のサービスが楽しめます。Sプレイだとその逆になりますから、M嬢に対して同じようなプレイや電マ責めといった内容のプレイが楽しめます。

ハプニングバーはカップルでなくても入店可能ってホント?

ハプニングバーとは、略してハプバーとも呼ばれますが、他の風俗とは少し意味合いが異なって来ます。通常カップルなどで入店して、パートナーを交換して本番行為を楽しんだり、他の人の本番行為を覗いたり、スワッピング、3Pなどが楽しめる風俗店のことです。もちろん、男女のカップルでなければ入店できないなどということはありません。ゲイやレズなどのカップルでも入店できますし、男性1人や女性1人でも入店が可能です。最近では、取り締まりが厳しくなったため、あまり店舗数が多くないのも、このハプニングバーの特徴で、最近ではあまり派手なハプニング行為は行っていないお店も多く、看板なども出ていないようです。ハプニングバーでは、男性の方が女性よりも料金設定が高めに設定されており、身分証明証の提示を入店時に求められることも多いそうです。ただ単にお酒を楽しみに着ている女性もいるみたいですので、無理矢理プレイに誘ったり、自分勝手なボディタッチはトラブルの原因となりますので、男性の方はご注意ください。

風俗の王様、ソープって?

ソープランドとは、風俗の中で唯一の本番行為が出来ることで有名ですが、その歴史は古く江戸時代の遊郭が元となり、時代の流れによってトルコ風呂とも呼ばれていました。ソープランドと言う名前になったのは昭和59年からで、風営法の取り締まりの強化によって、年々店舗数が減って来ていますが、ソープランドに行くと他の風俗には行けないといった男性も多く、今でも人気が高くのも事実です。ソープランドでは、入店した際にフロントに入浴料を支払ってから、泡姫の控えている部屋に行き、泡姫にサービス料を支払うといったシステムが一般的のようです。ソープランドでは、価格やサービス、泡姫のルックスに応じてランク分けされており、格安店や大衆店などでは、比較的安く泡姫のサービスを受けることが出来ますが、超高級店になると100000円のお店もあるとか。ソープランドの情報誌も多いため、比較的簡単にリサーチすることも可能ですので、ご自身の予算に合わせて、また好みのタイプをフロントに伝えておくと、スムーズに泡姫のサービスが受けられるようです。